1  |  2    次>    

南市原写真クラブ第3回写真展

テーマ:ぎゃらりい駅舎
ぎゃらりい駅舎 えき 開催中~11月6日(日)
南市原写真クラブ第3回写真展
‐市原 蔵のある風景‐

ぎゃらりい駅舎 南市原写真クラブ第3回写真展⑥


小湊鐡道上総牛久駅前のぎゃらりー駅舎(えき)では、11月6日まで「南市原写真クラブ第3回写真展‐市原 蔵のある風景‐」が開催されています。

ぎゃらりい駅舎 南市原写真クラブ第3回写真展⑤

ぎゃらりい駅舎 南市原写真クラブ第3回写真展④

ぎゃらりい駅舎 南市原写真クラブ第3回写真展③

ぎゃらりい駅舎 南市原写真クラブ第3回写真展②

ぎゃらりい駅舎 南市原写真クラブ第3回写真展①

ぎゃらりい駅舎 南市原写真クラブ第3回写真展⑦


■ぎゃらりい駅舎 えき
■午前10時から午後5時 (最終日午後4時まで)
■千葉県市原市牛久889-2 山内ビル1階



古滝正治展

テーマ:上総更級美術館
上総更級美術館 11月1日(火)~11月30日(水)
古滝正治展 学びやの人たち

鶴舞郵便局前のつるまいホープラザ2Fの上総更級美術館では、11月1日(火)から、「古滝正治展 学びやの人たち」が開催されます。

更級美術館 古滝正治展
                      白い夏Ⅱ (パステル)

■上総更級美術館 (NPO法人 コミュニティー・フォーラム上総更級会)
■千葉県市原市鶴舞303 つるまいホープラザ内
■0436‐88‐4001
■午前11時から午後5時30分(月曜休館)
■入場無料

韓クニを行く 川添修司展

テーマ:梦心坊
ギャルリ 梦心坊
   開催中~12月18日 (金・土・日のみ・11月23日はOPEN)
韓クニを行く 川添修司展

梦心坊 韓クニを行く②

梦心坊 韓クニを行く⑪


ギャルリ 梦心坊では、12月18日(日)まで「韓クニを行く 川添修司展」を開催中です。

梦心坊 韓クニを行く①

梦心坊 韓クニを行く④

梦心坊 韓クニを行く⑧

梦心坊 韓クニを行く⑨

梦心坊 韓クニを行く⑦

梦心坊 韓クニを行く⑤

梦心坊 韓クニを行く⑥

梦心坊 韓クニを行く③

梦心坊 韓クニを行く⑩
川添修司氏と梦心坊オーナー新保紘子氏

■ギャルリ梦心坊 
■午前11時から午後5時 (金・土・日のみ・11月23日はOPEN)
■千葉県市原市皆吉967-6 
■0436-92-1784

カントリードール GALLERY 2011

テーマ:ホンカ房総
ログホーム&ギャラリー ホンカ房総 11月30日(日)まで
Berrym ドール展 Happy Halloween
カントリードール GALLERY 2011 

ホンカ房総 カントリードール⑨

ホンカ房総 カントリードール②


ログホーム&ギャラリー ホンカ房総では11月30日(日)まで、「Berry.m カントリードール GALLERY 2011」を開催中です。
布製作ブース y’s cat  の作品も同時展示しています。
作品の販売もしています。

Berry.m  Masae Saitou
ドールとの出会いは今から10年位前、子供の幼稚園で知り合った大切なお友達。その方のカントリーショップでした。
可愛いドール達に一目惚れ!! 自分も作れたらいいなぁ…から始まり皆様のおかげでここまできました。いつも感謝の気持ちでいっぱいです。
毎日一生懸命がんばっている方々がすこしでも癒されたらうれしいです。そんな気持ちで日々製作しております。
いつかドールに囲まれたカフェショップをOPEN出来たら「いいなぁ」…と思っています。

y's cat  Yasumi Takenami
祖母・母と洋裁のプロ、問屋さんから届くたくさんの生地見本を見て、子供ながらもフランスの小粋な色使い、英国の伝統的チェックに心奪われ母に作ってもらうお洋服をいつも楽しみに育ちました。学校は美系でミシン仕事を始めたのはずっと後ですが生地選び、布合わせでy's catの作品は決まります。
そして目指すはchicで小粋です。

ホンカ房総 カントリードール⑤

ホンカ房総 カントリードール④

ホンカ房総 カントリードール③

ホンカ房総 カントリードール⑥

ホンカ房総 カントリードール⑦

ホンカ房総 カントリードール①

ホンカ房総 カントリードール⑧


■ログホーム&ギャラリー ホンカ房総
■午前9時30分から午後4時30分(日曜日は午後4時まで)
■千葉県市原市馬立414-1 
■0436-95-5641

南市原写真クラブ第3回写真展

テーマ:ぎゃらりい駅舎
ぎゃらりい駅舎 えき 10月29日(土)~11月6日(日)
南市原写真クラブ第3回写真展
‐市原 蔵のある風景‐

ぎゃらりい駅舎 南市原写真クラブ
                          勝間 憲一  蔵と祭の二重奏

小湊鐡道上総牛久駅前のぎゃらりー駅舎(えき)では、10月29日から11月6日まで「南市原写真クラブ第3回写真展‐市原 蔵のある風景‐」が開催されます。


 南市原写真クラブは市原市写真連盟の一組織として平成20年に結成され、今年で3年目を迎えるエネルギッシュな22名の集団です。私たちは毎月定例会を行い、写真表現の技術向上や個性的な表現のあり方など月間や年間テーマに従って活動しています。今回の展覧会は年間テーマによる第3回定期展です。
 蔵は一般にものの保管を目的とした伝統的建築様式のひとつです。家財や商品を火災や盗難から守るため江戸時代以降盛んに建てられ、後に裕福さの象徴ともなりました。その結果、蔵は住まいとは違った構造物として発展してきたのです。ぶ厚い漆喰壁と重厚な観音開きや鬼瓦は威風堂々とした佇まいをみせ、海鼠壁とつぶや折り釘や絵文字などがアクセントとなり独特な雰囲気を醸し出しています。
 今日、蔵は歴史的建造物として評価されつつも人々の関心からは薄れつつあります。しかし、それらは今でも街中や自然豊かな山間部やかつての漁村部でひっそりとその美しい姿をみせてくれています。私たちは伝統的建造物としての蔵の造形的な美しさに着目し、この写真展を企画しました。人と自然と伝統が共生する市原の魅力を感じていただければ幸いです。
 どうぞご高覧の上、今後ともご指導賜りたくよろしくお願いいたします。
                        南市原写真クラブ員一同


■ぎゃらりい駅舎 えき
■午前10時から午後5時 (最終日午後4時まで)
■千葉県市原市牛久889-2 山内ビル1階

1  |  2    次>    

最近の記事一覧

カレンダー

<<      2011/10      >>
25 26 27 28 29 30 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 1 2 3 4 5

ブログランキング

総合ランキング
2位 / 128人中 keep
ジャンルランキング
2位 / 51人中 keep
市原市

フリースペース

HTMLページへのリンク

プロフィール

アートタウン01

アートタウン

南市原ギャラリーマップをきっかけに、アートタウンとして活性化をめざします

このブログの読者

お気に入りブログ

最近のトラックバック

参加コミュニティ一覧