1  |  2    次>    

ムラカズユキ展

テーマ:南市原ゆかりの作家
ギャラリー睦 12月7日(金)~12月26日(水)
ムラカズユキ展

ギャラリー睦 ムラカズユキ展 


一画家であるためにも、一途に一心に
ただ愚直に絵と向き合う必要がある。

ギャラリー睦 ロゴ
■ギャラリー睦  
■12月7日(水)~12月26日(水) 月曜休廊
■11時から18時30分 最終日16時まで 
■千葉市中央区弁天3‐8‐11
■043-287-2355

鵜澤綱夫陶展

テーマ:南市原ゆかりの作家
北鎌倉古民家ミュージアム 12月4日(火)~16日(日)
鵜澤綱夫陶展

鵜澤綱夫陶展 鎌倉
             灰被り掛け花入れ

■北鎌倉古民家ミュージアム[旧古陶美術館] 
■12月4日(火)~16日(日) 12月10日(月)休館
■10時から17時 
■鎌倉市山ノ内392-1
■0467-25-5641

鶴岡洋・嘉江展

テーマ:南市原ゆかりの作家
京葉画廊 11月10日(土)~15日(木)
鶴岡洋・嘉江展
古希のLyricism、西・中欧の旅と銅版画50年の回顧

鶴岡洋・嘉江展①

鶴岡洋・嘉江展②


美術への志向から半世紀余の時が流れ、芸術と教育の狭間での葛藤から解放されて10年が経過し、1941、42年生まれの私たちは共に古希を過ぎました。
2006年からイタリア、スペイン、フランスを二人で旅し、2010年にはオーストリア、ドイツ、チェコ、ハンガリーなど中央ヨーロッパを訪れました。この旅を通して人間や芸術・文化の根源に少し触れることができたように思い、そこから構想した、銅版画、アクリル画、陶芸作品等の近作を発表いたします。2009年の2人展に続くものとなりますが、1960年代以降の現代日本美術展、国画展、日本版画協会展等に出品した作品及び机下に眠っていたポール・エリュアール、「愛・詩」より鶴岡洋銅版画集(1976年・35歳時刊行)も展示致します。
「古希の抒情」をご高覧ご高評を賜れば幸いに存じます。

■京葉画廊  
■11月10日(土)~11月15日(木) 会期中無休
■11時から19時 
■市原市五井中央西1-3-20
 JR内房線「五井駅」下車、徒歩3分
■0436-21-2897




深沢幸雄展 -銅版画・ガラス絵-

テーマ:南市原ゆかりの作家
京葉画廊 開催中~10月25日(木)
深沢幸雄展 -銅版画・ガラス絵-

京葉画廊 深澤幸雄展


■京葉画廊  
■10月13日(土)~10月25日(木) 会期中無休
■11時から19時 
■市原市五井中央西1-3-20
 JR内房線「五井駅」下車、徒歩3分
■0436-21-2897

ムラカズユキ展

テーマ:南市原ゆかりの作家
ギャラリー・しらみず美術 7月18日(水)~7月28日(土)
ムラカズユキ展
~新作水彩+80年代のエッチング~

ムラカズユキ展


■ギャラリー・しらみず美術  
■7月18日(水)~7月28日(土) 日曜休廊
■12時から18時30分 最終日17時まで 
■東京都中央区銀座5-3-12 壱番館ビルディング4F
 東京メトロ銀座線C2出口より徒歩1分
■03-3575-0013

1  |  2    次>    

最近の記事一覧

カレンダー

<<      2013/02      >>
27 28 29 30 31 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 1 2

ブログランキング

総合ランキング
2位 / 128人中 keep
ジャンルランキング
2位 / 51人中 keep
市原市

フリースペース

HTMLページへのリンク

プロフィール

アートタウン01

アートタウン

南市原ギャラリーマップをきっかけに、アートタウンとして活性化をめざします

このブログの読者

お気に入りブログ

最近のトラックバック

参加コミュニティ一覧