皆既日食

テーマ:ブログ
2009年7月22日11時ごろに日本で皆既日食を見ることができます。
そもそも「皆既日食ってなに?」という方もいらっしゃるでしょう。
そこで簡単に説明します。
日食には部分日食、金環日食、皆既日食があります。
部分的に月と太陽がかぶるものを「部分日食」と言います。
太陽と月が重なるけれど、太陽より月が小さく月の外側に太陽がはみ出ているものを「金環日食」と
言うそうです。
そして、月にすっぽりと太陽が隠れる状態を「皆既日食」と言うそうです。
皆既日食
この皆既日食自体は2年に1度くらいは世界中のどこかで見ることができるそうです。
2009年7月22日には、それが日本で観測できるということです。
日本の屋久島と奄美大島の間にある悪石島がもっとも条件が良く観測できるとのことです。
通常、3分~5分程度の皆既日食ですが、今回は6分25秒も日食SHOWを見ることができるということで世界中で話題になっているとか…。
皆既日食になると気温が下がり、動物や鳥たちが騒ぎ始めたりするらしく、五感でその神秘を感じることができるようです。

観測しに行きたいのですが、すでに宿泊先は満室だとか…。
通は寝袋とテントを持って野宿するそうです。

コメント

トラックバック

この記事のトラックバック URL :
http://blog.machiblo.com/azzurra/trackback/145

記事テーマ一覧

最近の記事一覧

カレンダー

<<      2013/02      >>
27 28 29 30 31 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 1 2

ブログランキング

総合ランキング
10位 / 128人中 keep
ジャンルランキング
1位 / 21人中 keep
日記/一般

フリースペース