自然薯

テーマ:ブログ
ある人とある会話をしたところ自然薯《じねんじょ》の話になりました。
cittaは自然薯がわからず尋ねたところ「うまく説明できないけど長くて歯ごたえは極端に言うと大根みたいな感じ」…。余計気になります。で、調べましたところ


栽培されている長芋やイチョウ芋、大和芋などをまとめてヤマイモと呼ぶこともあるが、こちらはヤマノイモ、山に自生するジネンジョのことである。栽培されているものは、中世頃に中国から日本に伝来したもので、ヤマノイモ(自然薯)とは違う。ヤマノイモは日本原産の野生種で山菜の王者と呼ばれ古来より親しまれてきました。春には新芽、秋から冬にかけてムカゴとイモを採取する。自然薯の大きな特色は、良質の澱粉質に加え、アミラーゼなどの酵素がたくさん含まれていて、食べたものを速やかに消化吸収する作用があります。また、カルシウム、鉄分、リン等のミネラルやビタミン類も豊富で、新陳代謝や細胞の増殖機能を促進する作用も著しく、疲労回復、成人病、ガンや糖尿病予防にも効果があると言われています
だそうです。
国内では飛騨高山あたりで良い自然薯がとれるようです。

コメント

  1. せいた
    2008/09/24 21:03
    わくわくですっ!
    大根みたいなのでは
    「ヤムイモ」ですよ!!!
    イエス!
  2. 2008/09/25 09:00
    ども。cittaの本文中に出てくる「ある人」さんですね。

トラックバック

この記事のトラックバック URL :
http://blog.machiblo.com/azzurra/trackback/246

記事テーマ一覧

最近の記事一覧

カレンダー

<<      2013/02      >>
27 28 29 30 31 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 1 2

ブログランキング

総合ランキング
10位 / 128人中 keep
ジャンルランキング
1位 / 21人中 keep
日記/一般

フリースペース