「夫婦から日本を元気にする」という考え方の下、「夫婦が輝けば
職場が輝き、会社が輝く、そして社会が輝き、日本が輝く!」をコ
ンセプトに、現在、既にご結婚されている方には、「夫婦感動創造
塾」「夫婦から日本を元気にするための1万人倶楽部」を主宰し、
またこれから結婚を考えている方には、「感謝の出会い」と「感動
の学び」、そして「歓喜の舞台」を提供しています。結婚とは、夫
婦とは男と女の世紀のコラボレ‐ションです。二人にしか出来ない
結婚の在り方、夫婦の在り方がここにあります。

結婚とは男と女の世紀のコラボレーション
■初婚専門 結婚創造館 http://s-hibiki.jimdo.com/

本当の幸せは離婚、そして再婚から始まる!
■再婚専門 結婚創造館 http://saikon.jimdo.com/

夫婦から日本を元気にするということ
■既婚専門 結婚創造館 http://k-hibiki.jimdo.com/

再婚専門 お見合いパーティー
http://saikon-omiai.jimdo.com/
<<最初    <前    23  |  24  |  25  |  26  |  27  

うるさくて臭い父 もう限界

テーマ:問題・悩み相談
皆さん、こんにちは!椎名です。
いつも読んでいただきありがとうございます。感謝します。

(問題・悩み相談)~あなただったらどうしますか?~

【問題:うるさくて臭い父 もう限界】・・・読売新聞より抜粋

高校3年女子、両親と弟との4人暮らしです。

父のことで悩んでいます。

まず、父はうるさいです。

部屋のドアを開け閉めする際、バタンバタンと大きな音をたてます。

せき払いもやかましくて、父の向かいの部屋にいる私は、勉強したくても気が散るし、早く寝ようとしてもなかなか寝付けません。

それ以上に困るのは、父が臭いことです。

父が飲み会から帰ると酒臭さが家中に広がります。

毒ガスが充満したような強烈なにおいで、市販の消臭スプレ‐など役に立ちません。

頭痛がし、気分が悪くなります。

私や母は、父にうるささや臭さを何度も指摘し、「静かにして」「飲み過ぎないで」と言ってきました。

でも、父は全く理解せず、「また何か言っているよ」ぐらいにしか受け止めてくれません。

もう我慢の限界。

このままでは受験勉強の邪魔になり、父を嫌いになりそうです。

どうすればいいですか。

【回答:高橋秀美(作家)】

お父さんが「うるさくて臭い」とのことですが、あなたのお父さんに限った話ではありません。

男はみんなうるさくて臭い。

要するに邪魔なんですよね。

私も家では日常的に邪魔だと言われていますが、不思議なことにそう言われるとちょっとうれしくなります。

邪魔者として、その存在を認められているからです。

無視されるよりましですから。

お父さんもあなたがかまえばかまうほどうれしくて、かえって邪魔しようとするのではないでしょうか。

とはいえ受験にさしつかえるのは困るので、「いずれ、私はこの家を出ていくし・・・」と言ってみてはいかがでしょう。

急にさびしくなってお酒も控えるようになるかもしれません。

ただ念のために申し添えておくと、アルコ‐ルをやめても男は臭いです。

加齢臭ともいわれますが、恐らく我ら男は発酵しているのだと思います。

あなたの好きな人も一緒に暮らせばそのうち臭くなる。

お父さんは身をもってそれを教えているともいえるでしょう。

健康を気遣うあなたの優しさをお父さんはきっと受け止めています。

男のにおいは熟成の証し、臭くて本当にすみません。

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

身近な人、父親という存在に大いに心を鍛え上げられていますね。

うるさい音と毒ガスのような悪臭、確かにたまったものではありません。

それによってイライラとしてしまい、生活のある部分に支障をきたしてしまう・・・。

それではそんなお父さんには世の中から消えてもらった方が良いのでしょうか。

そんなことはないでしょう。

それに物理的にお父さんの行為を強制的に止めさせる方法は色々とあると思いますが、そのような行為に走るのではなく、良い所も悪い所もセットで引き受けるのが家族なんだ、ということを想い出して欲しいと思います。

実は今は今の状態でバランスが取れているのかもしれません。

世の中には色々な人がいるもので家族の誰かがどたばた大きな音を立てたり、物を散らかしまくっていることに怒り心頭になる人もいれば全く気にならない人も現実にいます。

出来るだけ若い時分から自分にとって嫌な人を少なくする練習をしていった方が後々大いに自分のためになると思います。

今やっと人生の問題集を与えられたのですね。

問題が与えられたということはテストと同じように解答も同時に与えられているのですよね。

でもこれは均一な答えではなくあなただけの解答ですが・・・。

今日も最後まで読んでいただきありがとうございます。

結婚とは男と女の世紀のコラボレーション
■初婚専門 結婚創造館 http://s-hibiki.jimdo.com/

本当の幸せは離婚、そして再婚から始まる!
■再婚専門 結婚創造館 http://saikon.jimdo.com/

夫婦から日本を元気にするということ
■既婚専門 結婚創造館 http://k-hibiki.jimdo.com/

再婚専門 お見合いパーティー
http://saikon-omiai.jimdo.com/

娘と一緒にお弁当作戦

テーマ:感動エッセイ (家族編)
皆さん、こんにちは!椎名です。
いつも読んでいただきありがとうございます。感謝します。

心温まる感動エッセイ・・・

夫は仕事が忙しく、朝早く出勤し夜遅く帰ってくるという日が続いていた。

ある日のこと。

翌朝3時に起きて出掛ける、という夫のために、私は夜のうちからお弁当を作り始めていた。

すると、小学1年生の娘が興味津々の様子で「私もやりたい」と言い出した。

娘と一緒に卵焼きやおにぎりを作った。

「あした、パパが食べるのが楽しみ」と言って娘は寝た。

ところがその夜、夫は仕事がかなり遅くまでずれ込んだために帰宅しなかった。

夫に弁当を渡せないではないか。

娘が初めて作ったお弁当を食べてもらえないなんて・・・。

翌朝、夫の仕事場まで娘と一緒に弁当を届けに行くことにした。

娘の顔を見られた上、お手製弁当をもらった夫は、それはうれしそうだった。

娘も「今日は、パパは元気100倍で仕事しちゃうね」と大満足。

お昼に「今日のお弁当はいつも以上においしかった!」とメ‐ルが届いた。

家族の絆が強まった「お弁当作戦」だった。

(読売新聞より抜粋/埼玉県/33歳/女性)

突如お父さんが帰ってこれなくなったこと、実は神様からのささやかな贈り物でしたね。

お弁当を届けられてお父さんはどんなに嬉しかったことでしょう。

父親は愛娘には本当に弱いですから・・・。

そしてその姿を見てお母さんも娘さんも家族のつながりに大いなる喜びを感じたことでしょう。

さらに届けられたお弁当によってお父さんに温かいものが流れ、それは職場の雰囲気もホッと和やかなものにしたに違いありません。

読んでいるこちらまで幸せになってきます。

お弁当を届けるという何気ない日常のひとこまにも大きな幸せが宿っていることを想い出させてくれます。

今日も最後まで読んでいただきありがとうございます。

結婚とは男と女の世紀のコラボレーション
■初婚専門 結婚創造館 http://s-hibiki.jimdo.com/

本当の幸せは離婚、そして再婚から始まる!
■再婚専門 結婚創造館 http://saikon.jimdo.com/

夫婦から日本を元気にするということ
■既婚専門 結婚創造館 http://k-hibiki.jimdo.com/

再婚専門 お見合いパーティー
http://saikon-omiai.jimdo.com/

世界とのつながりを感じよう

テーマ:子供の育て方のヒント
皆さん、こんにちは!椎名です。
いつも読んでいただきありがとうございます。感謝します。

ドロシ‐・ロ‐・ノルト氏(家族コンサルタント)に学ぶ子育てのヒント・・・

自分の中心をしっかり据えることはとても大切なことですよね。

自分の中心をしっかり据える方法を知れば、リラックスして生きられるようになります。

そして、世界とのつながりを感じ、自分自身の身体についても快適なバランスをとることができます。

やり方はとても簡単ですから、みなさんもやってみませんか。

うちでもできますし、ス‐パ‐でレジに並んでいるときでもできます。

できれば立ってやってみてください。

わたしたちは、地球という生きた星に生まれて育っています。

みなさんも、木や花や岩や土と同じように、この星で生きて成長しているのです。

だから、そのつながりを感じてみましょう。

こんなふうに。

心の中で、みなさんが立っている地球の中心をイメ‐ジしてください。

その中心からまっすぐにみなさんの両足のあいだを通って身体の中心へ、そして頭へと一本の線を引きます。

その線を今度はずっと上の星にまで伸ばしてください。

星にその線を結びます。

そして、自分と地球、そして宇宙とのつながりを意識しましょう。

みなさんの身体はみなさんのエネルギ‐の中でバランスをとっていますが、同時に地球のエネルギ‐とも、宇宙ともつながっていることを感じてください。

このやり方を九歳の女の子に教えたことがあります。

するとその子は「線のはしっこを天使にもっててもらってもいい?」と聞きました。

もちろんみなさんも、天使にもっててもらっても、星に結びつけてもかまいません。

みなさんの線なのですから。

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

世界とのつながりを感じるには自分の意識を無限に拡大させ、地球及びその他の星々との関連をイメ‐ジしてみるのもとても有効な方法でしょう。

その他にはどのような方法があるでしょうか。

私たちが日々食べている食べ物からもつながりを感じる方法があります。

例えば野菜、今、旬のトマトとしましょうか。

このトマトがどのように出来て、どのように私たちの口まで運ばれてきたのか、さらには食したトマトは体の中でどのように変化していくのか。

このつながりを時系列で書き出していくのです。

これをやってみると日々食しているトマトにも壮大な物語があることに気がつきます。

私たちは自然から生かされていると言われますが、それよりももっと広大な宇宙から生かされているということが事実として認識出来ます。

また私たちの口に運ばれてくるまでには多くの面識のない方々の努力、労力があったりするわけですよね。

つながりを感じるということは目に見える存在はもちろんのこと、目に見えない存在からも応援されているということを肌で感じるということです。

私たちは人やあらゆるものとつながっていたいという思いがありますが、これは人やあらゆるものから応援されていることを感じたい、または応援したいということに他なりません。

今はまだ夏休み、子供たちと一緒にやってみると生き生きとした表情で新学期を迎えられるかもしれません。

今日も最後まで読んでいただきありがとうございます。

結婚とは男と女の世紀のコラボレーション
■初婚専門 結婚創造館 http://s-hibiki.jimdo.com/

本当の幸せは離婚、そして再婚から始まる!
■再婚専門 結婚創造館 http://saikon.jimdo.com/

夫婦から日本を元気にするということ
■既婚専門 結婚創造館 http://k-hibiki.jimdo.com/

再婚専門 お見合いパーティー
http://saikon-omiai.jimdo.com/

スタ‐選手の夫が戦力外通告 夫の仕事は私が探す!

テーマ:夫婦の育て方のヒント
皆さん、こんにちは!椎名です。
いつも読んでいただきありがとうございます。感謝します。

もし、あなたの夫が働き盛りで仕事をクビになったら・・・
あなたには、何が出来ますか?
野球界のス‐パ‐スタ‐
38歳で突然の戦力外通告
支えたのは高校生の時から熱狂的ファンだった妻


今から29年前、一人の野球選手が衝撃のデビュ‐を飾りました。
1回の裏満塁の場面、これが彼にとってはプロ初打席。
なんとそこで初打席満塁ホ‐ムランの快挙。
その名は駒田徳広、球史に名を残した名選手。
今回はそんな駒田夫妻の感動の物語です。
駒田選手に恋をした1人の少女、中井美佳子さん、当時16歳、大阪に住む高校2年生。
初めて駒田選手を見たのは野球好きの友人と行った野球場。
当時の巨人は人気、実力ともに飛ぶ鳥を落とす勢いのスタ‐軍団。
友人は原選手、定岡選手に黄色い声援を送っていましが、野球に全く興味のなかった美佳子さんはとても退屈でした。
しかし、その時、美佳子さんの目は一人の選手に釘づけに・・・。
「決めた!私、あの人のファンになる!」
当時人気者の原選手、定岡選手などには目もくれず、美佳子さんが心奪われたのは駒田選手でした。
その理由は身長191cmという背の高さ。
駒田選手は当時の野球界でも屈指の長身でした。
そんな駒田選手に16歳美佳子さんの猛アピ‐ルが始まります。
関西で巨人の試合がある時は、学校から球場へ直行、制服姿で応援。
美佳子さんの目には駒田選手しか映っていませんでした。
学校では教室で「駒田くんと結婚する!」と吹聴。
そんなある日、駒田選手が2軍に降格。
それを知った美佳子さんはなんとあの王監督に直接抗議へ。
また大学生になると巨人を専門に取材するG・GAL(ジ‐・ギャル)に所属、そこでも駒田選手のことばかりを記事にしていました。
そのようなことから熱烈な駒田ファンとして監督・コ‐チにもよく知られる存在になります。
やがて取材や熱心な応援が身を結び時には知人を介して駒田選手と食事をするなど親しい存在に。
しかし、駒田選手は当時、彼女を恋愛対象には見ていませんでした。
そしてファンになって4年後の1987年、ショックな出来事が・・・。
駒田選手が他の女性と結婚してしまったのです。
それは青春のすべてをささげてきた美佳子さんにとって辛すぎる現実でした。
心に空いた穴を埋めようと他の男性と付き合ったことも・・・。
でも、やっぱり違うんじゃないかと思ってしまう・・・、心のどこかに駒田選手がいる・・・、忘れられない・・・。
それならばこれからも一番のファンとして応援していこう、美佳子さんはそう誓ったのです。
その頃、駒田選手も一軍に定着、出場機会も増えていきました。
一流選手の階段を着実に登っていました。
ところが、結婚の翌年、妻と別居、離婚。
駒田選手は孤独な戦いを強いられたのです。
そんな時、駒田選手の目にふと映ったのが、ひたむきに応援し続けてくれる美佳子さんでした。
そして1990年12月、二人はついに結婚。
高校生でファンになってから7年、本当に駒田選手の妻になったのです。(当時駒田選手28歳・美佳子さん24歳)
この結婚を機に駒田選手は飛躍します。
翌年、自己最高打率をマ‐クし、巨人の主力打者に。
巨人にとってかかせない顔になりました。
また1993年のオフには、FAで横浜ベイスタ‐ズに移籍。
横浜に移籍してからも駒田選手の勢いは止まりません。
1998年にはキャプテンとしてチ‐ムを引っ張り、横浜ベイスタ‐ズ38年ぶりとなる日本一に大きく貢献。
さらに2000年には2000本安打も達成し、名球会入り。
しかし、2000年9月、38歳で突然の戦力外通告・・・。
シ‐ズン中という異例の宣告、また2000本達成からわずか2週間後のことでした。
結局、どこからもオファ‐がなく・・・。
そのような中、シ‐ズン終了後、美佳子さんは驚くべき行動に・・・。
クビになった夫のために前代未聞の行動に出ました。
他球団の監督に次から次へと電話をかけたのです。
なんと妻自ら、夫を雇って欲しいと訴えたのです。
その情熱は電話だけにとどまりませんでした。
多くの監督やOBが集まる名球会のイベントに直接足を運びこう訴えたのです。
「駒田はまだ絶対に活躍できると思うんです」、「ウチの人、使ってもらえませんか」と・・・。
一般社会でいえば会社の社長に直談判するようなもの。
あの王さん、長嶋さん、山本浩二さんに・・・、「もう一度やらせて下さい」と頼んだのです。
来年も夫のユニフォ‐ム姿が見たい、その一心でした。
そんな妻の姿も夫も見ていました。
駒田選手は振り返って言います。
“監督さん、ウチの旦那1人面倒見れないんですか”・・・、そういう雰囲気を醸し出しながら、それぐらい強い気持ちでお願いしていたと・・・。
妻の美佳子さん、私がやれることはやった、あとは連絡を待つだけ・・・。
しかし、年が明けてもオファ‐はありません。
ついに引退を決意、最後まで現役にこだわり続けたものの思いが叶うことはありませんでした。
その後、駒田選手は楽天、横浜でコ‐チを勤め、現在は解説や野球教室のコ‐チなどで忙しい日々を送っています。
初めて夫を見て、恋をしてからまもなく30年、高校生の時から追いかけ続けた妻、野球があったからこそ出会えた二人・・・、運命が結びつけた絆です。
そんな夫婦が今改めて思うこと・・・。
駒田選手は言います。
『「俺が野球選手じゃなかったらお前結婚してるか?」っていうような言い方を旦那が奥様にしていると思います。
それを聞くと奥様は必ず、「いやいやあなたが好きなのよ」と普通の人はそうおっしゃる事が多いと思いますけど、ウチはやっぱり違いますから。
野球やってるから好きなのであって、だから現役も長く続けようと思ったっていうのが本当のところですよね』
それを受けて妻、美佳子さんの最高の一言。
「本当は私、凄い経済力をつけて球団のオ‐ナ‐になりたいんですよね。で、ずっと夫を永久監督にしてあげたい」
美佳子さんの夢はこれからも果てしなく続くようです。
駒田夫妻はとても素晴らしいある一つの夫婦の姿を見せてくれているように思います。
これからも永遠の幸せが二人に降り注ぐことを願って・・・、今日も最後まで読んでいただきありがとうございます。

出典:TBS スパモク!! 「女の波乱万丈人生SP プロ野球選手の妻たち」

結婚とは男と女の世紀のコラボレーション
■初婚専門 結婚創造館 http://s-hibiki.jimdo.com/

本当の幸せは離婚、そして再婚から始まる!
■再婚専門 結婚創造館 http://saikon.jimdo.com/

夫婦から日本を元気にするということ
■既婚専門 結婚創造館 http://k-hibiki.jimdo.com/

再婚専門 お見合いパーティー
http://saikon-omiai.jimdo.com/

どうもはじめまして!

テーマ:ブログ
どうもはじめまして!
結婚創造館の椎名と申します。

私は「夫婦から日本を元気にする」という考え方の下、「夫婦が輝けば職場が輝き、会社が輝く、そして社会が輝き、日本が輝く!」をコンセプトに、現在、既にご結婚されている方には、「夫婦感動創造塾」「夫婦から日本を元気にするための1万人倶楽部」を主宰し、またこれから結婚を考えている方には、「感謝の出会い」と「感動の学び」、そして「歓喜の舞台」を提供しています。

結婚とは、夫婦とは男と女の世紀のコラボレ‐ション・・・。

今後、結婚や夫婦という概念を様々な視点から捉え、そして自分にしか出来ない結婚の風景、夫婦の響きを顕現するお手伝いが出来れば幸いです。

どうぞよろしくお願い致します。
<<最初    <前    23  |  24  |  25  |  26  |  27  

プロフィール

205135

椎名宣夫

「夫婦から日本を元気にする」という考え方の下、「夫婦が輝けば職場が輝き、会社が輝く、そして社会が輝き、日本が輝く!」をコンセプトに、現在、既にご結婚されている方には、「夫婦感動創造塾」「夫婦から日本を元気にするための1万人倶楽部」を主宰し、またこれから結婚を考えている方には、「感謝の出会い」と「感動の学び」、そして「歓喜の舞台」を提供しています。結婚とは、夫婦とは男と女の世紀のコラボレ‐ションです。二人にしか出来ない結婚の在り方、夫婦の在り方がここにあります。

このブログの読者

読者になる
読者数:0人

お気に入りブログ

最近のコメント

最近のトラックバック

参加コミュニティ一覧