いちスポ

テーマ:ブログ
suketo

市原市スケート協会主催 冬のスケート教室開催
 1月17日、姉崎公園スケート場で7時から始まった市原市スケート教室には約40名が集まり、夜のスケートを楽しんだ。
 市原市スケート協会の外崎弘文さんは「歩き方から丁寧に指導します。初めてスケートをする方はぜひ参加してください」と話す。この日初心者、低学年、高学年、大人に分けスケート協会の指導員が各2名つき丁寧に滑り方を指導した。子どもは習得が早く、30分も氷の上に立っていると一人で滑れるようになる。父親と参加した小学4年生の女子は「フィギュアスケートをみて滑ってみたくて参加しました。とっても楽しい」と笑顔で話す。終りの頃には『ひょうたんバック』を習得し、フリー滑走で披露する子も。市原市スケート協会ではこの他に市民スケート教室や市民スケートバスツアーなども開催している。現在2月の開催のスケート教室の参加者を募集中。この冬はスケートが熱い!
問 市原市スケート協会2月スケート教室

bouringu

第22回市原市市民チャリティーボウリング大会
ジェフファン&ボウリング愛好者 大集合!

 1月17日(土)、13時からロコボウル(市原市八幡海岸通)にて『市原市市民チャリティーボウリング大会』が開催された。毎年恒例となったチャリティーイベントで、ジェフユナイテッド市原・千葉の選手がゲスト参加している。今回は米倉恒貴選手、金沢亮選手、高田健吾選手、奥山康裕選手が参加した。
 開会式で市原市ボウリング協会の須田栄一会長の挨拶のあと、ジェフの4選手も挨拶。競技法の説明等が終わると4選手による始球式が行われ、開会式終了。約5分間の練習ボール後にゲームスタート。
 大会参加資格が市原市内在住者、またはジェフユナイテッド市原・千葉のファンということもあり、55名の参加者の多くがジェフサポもしくは
「サポーターってほどじゃないけど、地元のチームだから応援してるよ」というボウリング愛好者。
 ジェフの4選手が一人ずつ一般参加者のレーンで一緒に投球した。サインあり、記念撮影あり、雑談ありの上、ストライクを決めればハイタッチ!ファンにとってはたまらなくハッピーなイベントだったようだ。ジェフの選手にボウリング経験を尋ねると、「プロです!」(米倉選手)、「アマプロです」(金沢選手)、「セミプロです」(高田選手)、「5カ月ぶり。基本下手です」(奥山選
手)とのこと。夫婦で姉崎から来ていた参加者は「天気関係なく楽しめて、久しぶりにやっても夢中になれちゃうのがボウリングの魅力」と話す。競技は3ゲームトータルピン、年齢性別ハンディキャップを採用。3時間近くに及ぶ熱戦が繰り広げられ、老若男女、笑顔で汗を流した。ゲームが終了すると即集計、成績発表と表彰式。小・中学生の部、一般男女の部、上級男女の部の他、ニアピン賞やブービー賞などの楽しい授賞式も行われ、終始、会場は笑いと和気あいあいとした雰囲気に包まれていた。
 募金は1万1194円集まり、千葉日報いちはら支局に募金先は依頼された。  
大会成績(3ゲーム合計)
小・中学生の部 優 勝  斉藤将弘 533点(中学生) 
          準優勝  斉藤秀幸 445点(小学生)
          第3位  星 一輝 440点(中学生)
一般男女の部 優 勝  高橋芳雄 554点
          準優勝  柴崎政則 547点
          第3位  真光四郎 542点
上級男女の部 優 勝  岡田裕子 600点
          準優勝  保坂大輔 582点
          第3位  末永 脩 582点

bado

第27回会長杯 市原市バドミントン大会団体戦
男女共に過去最多参加チーム
 1月18日、25日と2日間にわたり市原中央武道館で第27回会長杯市原市バドミントン大会が盛大に行われ、男女ともに過去最多の参加チーム数がエントリー。12面のコートで各チームが熱い戦いを繰り広げた。
 「ここ数年バドミントン人気が高まり、競技人口が多くなっています。来年以降の大会は日程の調整が必要になるかもしれません」と市原市バドミントン協会の瀧本和大さん。
 この大会は市原市だけでなく、千葉県内からも参加ができる。女子の試合は1部から7部に実力別でわかれており、それぞれの部の優勝チームが来年上位部へ昇格できる仕組みになっている。参加者は小学生から50・60代と幅広く、他にはあまり例がない小学生対大人のような試合もある。市原市バドミントン協会ではジュニア育成に力を入れており、市原ジュニアバドミントンクラブの小、中学生は高校生や大人相手に大健闘。将来は「関東大会1位を目指します」「今別府選手のようになりたい」と抱負を語った。
 コートの中ではそれぞれが日頃の練習の成果を力いっぱい発揮し、家族も応援に駆けつけ1年に一回の大会を満喫していた。北京オリンピックや『オグシオ』の活躍により人気となったバドミントン。チームメイトと協力し、汗して戦う姿は美しい。

第27回市原市会長杯バドミントン大会団体戦優勝チーム 
女子
1部:市原ジュニアバドミントンクラブA 
2部:ブルーシャトラーズ 
3部:中袖倶楽部 
4部:スピーカース 
5部:サンデーズ 
6部:ブルーシャトラーズB 
7部:ファイン

男子
1部:京葉ファミリーA 
2部:中袖倶楽部B 
3部:古市場-I 
4部:みょうじんB 
5部:市原ジュニアB 
6部:出光興産 
7部:九十九里ジュニア 
8部:Team.K 
9部:サプライズ 



コメント

トラックバック

この記事のトラックバック URL :
http://blog.machiblo.com/ichisupo/trackback/504

記事テーマ一覧

最近の記事一覧

カレンダー

<<      2013/02      >>
27 28 29 30 31 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 1 2

ブログランキング

総合ランキング
13位 / 128人中 down
ジャンルランキング
10位 / 51人中 down
市原市

フリースペース

HTMLページへのリンク

プロフィール

rogo

いちスポ

市原市のスポーツ情報専門紙

ホームページ

このブログの読者

お気に入りブログ

最近のコメント

最近のトラックバック

参加コミュニティ一覧