ママさんバレー

テーマ:ブログ
いちスポ創刊号より、ママさんバレー五井球友会の紹介
mamasan
ママさんバレー五井球友会
県代表として全国大会出場!

攻撃力&ねばり強さで上位入賞を目指す

 30年以上の歴史をもつ伝統ある『五井球友会』が、3月26日から神戸で開催される『ママさんバレー第4回ローソンカップ全国大会』に千葉県代表として出場する。全国から集まる強豪48チームが29日の決勝トーナメントを懸けてグループ戦を連日2試合こなす。
 昨年、同大会の県予選会が行われ95チームが参加し、トーナメントで勝ち抜いた五井球友会と香澄シーガルス(習志野市)の決勝戦では激しい攻防が展開されたが、みごと五井球友会が初優勝し、千葉県代表の座を掴んだ。
 五井球友会は、平成14年に行われた『第33回全国バレーボール大会』でも、全国の4792チームから勝ち上がった強豪49チームとの闘いで準優勝という成績を残している。
 五井小のPTAの有志が集まりスタートした五井球友会の(※のちに市・県登録Aチームと市登録Bチームとに分かれ、今回全国大会に出場するのは県登録もしているAチーム)メンバーは14名。五井中学区在住の働くママたち。26歳から62歳の平均年齢48・5歳。身長は153cmから177cmだが、平均身長は約160cmと、意外と高くない。ただ、皆さん、とても体つきが引き締まっている。毎回、パスやレシーブ、アタックなどの練習前に、柔軟から腕立て、腹筋、背筋、ランニングなどをこなすからか。毎週火曜20時から22時まで五井中の体育館で、毎週金曜19時半から五井小の体育館で練習をする。監督やコーチ、マネージャーなどの専任はおらず、選手が兼任する。「要するに皆で運営しているチーム。交代で練習つけるのも、その選手にとって勉強になる」と話すのは小澤監督。磯崎主将は、「五井球友会は攻撃型チームです。また、ボールが落ちてしまっても最後まであきらめないねばり強いチームでもあります」とも。なんでも、ボールを追いかけ壁に激突した選手もいたとか。このチームでバレーをやっていて良かったなと思うのはどんなことか尋ねると、「コートに入ったら年は関係ないっていうところ」、そして「皆の力で得点した時」と、向上心の強いチームならではの頼もしい言葉が返ってきた。けして人数が多いわけでないチームだけに、練習に参加できないと皆に迷惑かけるからと、日頃からケガや病気などしないよう気をつけているのだそう。
 子育て、家事、仕事の合間をぬって、毎週2回の練習を続け、大会出場そして上位入賞を目指し頑張ってこられたのは、とにかく「バレーが好き!」という一途な思いと、なによりも「家族と職場の皆さんの理解と協力があってこそ!」とメンバー全員、感謝の言葉を口にする。メンバーの8人が受験生のママ。全国大会を目前に控えて、「後ろ髪引かれる思いですが、県代表で出場するからには、皆の応援に応えられるようチーム一丸となって上位入賞を目指します!」と声を揃える。 
 五井球友会では随時メンバー募集中。五井中学区在住のママであれば、バレーボールやってみたいなという未経験者でもOK。入会金なし、会費月1000円。見学自由。問い:磯崎さん25-0212

コメント

トラックバック

この記事のトラックバック URL :
http://blog.machiblo.com/ichisupo/trackback/550

記事テーマ一覧

最近の記事一覧

カレンダー

<<      2013/02      >>
27 28 29 30 31 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 1 2

ブログランキング

総合ランキング
13位 / 128人中 down
ジャンルランキング
10位 / 51人中 down
市原市

フリースペース

HTMLページへのリンク

プロフィール

rogo

いちスポ

市原市のスポーツ情報専門紙

ホームページ

このブログの読者

お気に入りブログ

最近のコメント

最近のトラックバック

参加コミュニティ一覧