介護現場の問題点3

テーマ:問題点
介護現場の問題点3

まだまだ介護現場の問題点は存在します。

住み分けの問題も介護現場にとっては大きな問題ではないでしょうか?

住み分けの問題は介護現場にとっても、利用者にとっても重要な問題点になります。

住み分けとは、老人ホームやグループホームなどの施設は一生をそこで過ごす家であるのに対して、
老人健康保険施設(以後老健と書きます)などは本来リハビリなどで、
在宅復帰を目指す施設なのです。

ですが現状はどうでしょうか?
はっきり言えば老健も老人ホームも今現在同じもののように思えます。

老健は前記した通り在宅復帰を目指す施設のはずなんですが…実際は何年も亡くなるまで
おられる事はざらです。

なぜか・・・それは老人ホームの数が足りていない。
国はそう説明します。確かに足りていないのは事実ですが、在宅でも生活可能な方が
多数入所されており、ここでも住み分けが問題になってきます。

そこで入所できない高齢者の方達が、老健に居住する形になるのです。

国の指針で、老人ホームを増やす計画もありますが、それを行えばさらに人材不足や
職員のレベルダウンにつながるのでは?

まずは完全に近い住み分けや現施設の状況把握を国にお願いしたいですね。

質の悪い施設では、今でも平気で拘束をしている所もあります。
私も聞いて驚きましたが、岡山県の東部にあるある病院では家族への連絡の無く、拘束も
平気でおこなわれているようで、職員に訴えると「病院変わりますか?」などと脅される
みたいです。

これは実際私の友人のおばあさんが入っている病院で、特変があってもほとんど病院から連絡
もなく、面会に行くとベットに両手、両足を拘束されていたようです。

こんな所を放っておいて、どんどん新しい施設ばかりつくってもさらに質の悪い施設が
増えてくる気がしてたまりません。


コメント