業務改善の考え方2

テーマ:改善
業務改善を考えるうえで、皆さんが一番しやすのが、業務を線でなく点で捉えることではないでしょうか?

食事の改善。入浴の改善。部分部分での改善をしないといけないのはしょうがない事ではありますが、
まずは全体の流れを考えてその一部としての改善を考える事をお勧めします。

部分部分をつなぎ合わせた改善は、必ずどこかでひずみがきます。

これは利用者の方に対しても同じですが、利用者をまず個別に分ける前には利用者全体を見て
考えてください。

利用者を個別にして、それぞれに合う介護を考えるのは良いですが、ほとんどの施設は
個別に考えるうえで介護度の低い方が中心となった業務改善になっていませんか?

それは、いかがなものでしょう?

確かに現在の住み分けが行われていない、職員が不足している現場では難しい
課題であると思います。

自分達で考えて分からないときは、他施設への見学やネット、本でも良いので調べて
みられてはいかがでしょうか?

自分達の頭に無い方法は考えつくのは難しいです。

そこで一番よいのは、他を知ることです。色々な施設の業務をみて、これはと思われる
物を見つけ、それを真似することから真似してみませんか?

それが今の状況を改善する為には重要な事であると思います。

コメント

  1. アップルココナツ
    2010/01/12 14:58
    昔100歳近いおばあちゃんに言われた言葉
    「人の役に立つ仕事ができるってことは
    幸せなことだよ!」